水琴亭 | 岐阜の料亭 水琴亭のホームページ

logo1.jpg

tel.jpg

menu_01.gifmenu_01.gif水琴亭について水琴亭について建築物の紹介建築物の紹介お料理紹介お料理紹介アクセスアクセス問い合わせ問い合わせ

HOME > 建築の紹介 > 時雨の間

建築紹介

【時雨の間】

全体; 六畳の和室が二室有り、原三渓直筆の襖絵がある。また階段は、横浜三渓園にある「臨春閣」の写しで、1階の火灯窓と同様である。二階和室から眺めた景色と、「臨春閣 村雨の間」にちなんで「時雨の間」と命名したと考えられる。

壁・襖;

南の和室には、「木蓮(もくれん)」、「杜若(かきつばた)」、「牡丹(ぼたん)」、「笹(ささ)」、「瑠璃虎の尾(るりとらのお)」などの花と、「白鳥」、「蜻蛉(とんぼ)」などの動物を、金泥と胡粉で描いた原三渓直筆の襖絵がある。二間(約3.6m)幅、高さ六尺(約1.8m)の襖絵が一枚、二間(約3.6m)幅の四枚襖、欄間部に一間(約1.8m)幅の襖絵が八枚ある。
北の和室には、「雨中の金華山」を描いた襖絵(二間(約3.6m)幅)を壁に貼り付けている。また壁と反対側の襖も、「雨中の金華山」を描いている。

天井;

天井は、さる棒面(さるぼうめん)で春慶塗の格縁(ごうぶち)に、杉板と網代板を市松模様に組み合わせた格天井である。

縁側;

東、南と二方に縁板貼りの縁側が廻っている。天井は、杉板を細縁で押さえ杉丸太の垂木で仕上げた化粧屋根裏天井で、透明なガラス戸は全て引込むことができる。ガラス戸の手前に、擬宝珠型の角柱と、雲形の板を嵌め込んだ高さの低い手すりが付いている。

階段;

階段の形式と意匠は、横浜三渓園にある「臨春閣」の写しである。意匠を凝らした春慶塗の手すりと、複雑に階段板を組み合わせた形式である。

以下の写真をクリックすると拡大します。

10.png

13.png

12.png

11.png

各建築についてのご紹介

【玄関・取次の間】  

2.png
両引きのガラス戸を開け、高さのある敷居を跨いで踏石で靴を脱ぎ、面皮杉丸太の框と縁板の玄関である。 
⇒詳細

【雪月花の間】

3.png床の間、地袋、火灯窓付き平書院のある和室(二十五畳)と、飾り棚のある和室(十五畳)とが・・・
⇒詳細

【天楽の間】

5.png 床の間、地袋、火灯窓付き平書院のある和室(二十五畳)と、飾り棚のある和室(十五畳)とが・・・
⇒詳細

【時雨の間】

10.png
六畳の和室が二室有り、原三渓直筆の襖絵がある。
⇒詳細

【茶室 汲月庵】

15.png
四畳台目の小間の茶室と、七帖台目の広間の茶室になっている。
⇒詳細