水琴亭 | 岐阜の料亭 水琴亭のホームページ

logo1.jpg

tel.jpg

menu_01.gifmenu_01.gif水琴亭について水琴亭について建築物の紹介建築物の紹介お料理紹介お料理紹介アクセスアクセス問い合わせ問い合わせ

建築紹介

【天楽の間】

床の間、床脇に地袋のある和室(十畳)と、火灯窓が付き、奥が階段になっている和室(十一畳)とが、楽器で飾られた欄間で隔てられている。通常は二室で使用し、二十一畳の広間になる。北、東、南と三方に畳敷き縁側が廻り、開放感のある造りで、茶室のある庭園に面している。

床の間;

九尺(約2.7m)幅の床の間で、北山杉の絞り丸太の床柱、春慶塗の床框(かまち)、杉柾目(まさめ)の落掛(おとしがけ)である。壁は、淡いねずみ色の大津壁である。

床脇・地袋;

六尺(約1.8m)幅の漆塗り棚板、筆返しの付いた漆塗りの天板に、側板から棚板が付いた地袋に春慶塗枠の戸襖を入れている。床板と地袋天板は、漆塗り松の一枚板で、壁は、淡いねずみ色の大津壁である。

壁;

階段入口には、横浜三渓園の「臨春閣」の写しである漆塗り枠の火灯窓がある。壁は、淡いねずみ色の大津壁である。

天井;

天井は、上質な杉の天井板貼りの棹縁(さおぶち)天井である。

欄間;

春慶塗の枠と手すりに、「笙(しょう)」、「篳篥(ひちりき)」、「竜笛(りゅうてき)」が二種類と四種の和楽器が嵌められている。天朝か天国の手すりと演奏する和楽器から、「天楽の間」と命名されている。

襖・障子;

襖の意匠は、草色と白色の市松模様で、桂離宮の松琴亭(しょうきんてい)襖障子の写しである。畳廊下との境の障子は、腰板に障子紙を貼ったものである。

縁側;

北、東、南と三方に畳敷き縁側が廻っている。天井は、杉板を細縁で押さえ杉丸太の垂木で仕上げた化粧屋根裏天井で、透明なガラス戸は全て引込むことができる。縁側の西南角には、原三渓が好んで座っていたという椅子があり、背もたれが可動式で、昭和初期は座ると金華山がよく見えたそうである。

テーブル;

栃(天板と足)のテーブルと、楓(天板)と桑(足)のテーブルがあり、貴重である。

以下の写真をクリックすると拡大します。

5.png

7.png

コピー ~ 6.png

8.png

各建築についてのご紹介

【玄関・取次の間】  

2.png
両引きのガラス戸を開け、高さのある敷居を跨いで踏石で靴を脱ぎ、面皮杉丸太の框と縁板の玄関である。 
⇒詳細

【雪月花の間】

3.png床の間、地袋、火灯窓付き平書院のある和室(二十五畳)と、飾り棚のある和室(十五畳)とが・・・
⇒詳細

【天楽の間】

5.png 床の間、地袋、火灯窓付き平書院のある和室(二十五畳)と、飾り棚のある和室(十五畳)とが・・・
⇒詳細

【時雨の間】

10.png
六畳の和室が二室有り、原三渓直筆の襖絵がある。
⇒詳細

【茶室 汲月庵】

15.png
四畳台目の小間の茶室と、七帖台目の広間の茶室になっている。
⇒詳細